上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャパメタル?

音楽ネタを一つ、アニメ「バジリスク」のオープニングテーマ「甲賀忍法帳」が気に入って、買っちゃいました。
陰陽珠玉陰陽珠玉
(2006/02/08)
陰陽座

商品詳細を見る

日本のメタルバンド陰陽座のベストアルバムです(^-^)/
曲自体はオーソドックスなハードロックというかヘビメタですかね
どれもメロディアスでそつなくまとまってます、特に組曲は良いですね
男女のツインヴォーカルで男性の瞬火さんはなんかGackt風ですし、女性の黒猫さんはクリアなハイトーンでヘビメタだけ歌うのはもったいないほど良い声です。
ツインギターも炸裂で結構お気に入り・・
でもうちのバンドでは甲賀忍法帳演奏するの無理だろうな(・o・)
スポンサーサイト
[ 2009/08/03 21:46 ] CD 邦楽 | TB(0) | CM(0)

感動キタ――(゚∀゚)――!!

以前から欲しかったCDが届きました。
Memories of Blue MAKE-UP20周年記念BOXMemories of Blue MAKE-UP20周年記念BOX
(2004/12/01)
MAKE-UPM.T.FUJI

商品詳細を見る


日本のHR界を駆け抜けたMake Upの6枚組BOXです。
結成が1984年解散が1987年と短期間で消えたバンドですが、私にはもう懐かしくて
DSC01452.jpgDSC01453.jpg
そうまだ若かりし20代の頃必至で聴いたアルバムです(ギターが面白くて弾きまくってましたから)
箱の中身は
DSC01458.jpg
1stから4thまでのアルバムとLiveDVDそしてアルバム未掲載の曲を集めたスペシャルディスクの計6枚Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!
早速一気に聴きましたがヾ(゚Д゚ )ォィォィ
涙ものです。・゚・(ノ∀`)・゚・。
この当時LoudnessやBowwowやMarino.X-Ray・44マグナムなど全盛期でしたからね
私はこのバンドの歌い上げる山田君のVocalと松澤君のメロディアスなGuitarが大好きで、CD探していたのですがなかなか無くて、Fanの期待にこたえて一気にBox盤で発売してくれました\(^O^)/
暫くはおやすみ時の曲で聴きまくるでしょう(?_?)エ?

それと最後に当時このバンドをプロデュースした先日他界したラウドネスの樋口さんに心からお悔やみ申し上げます<_o_>
[ 2008/12/15 22:15 ] CD 邦楽 | TB(0) | CM(2)

たまにゃこんなのも

コンプリート・オブ・T-BOLAN at the BEING studio コンプリート・オブ・T-BOLAN at the BEING studio
T-BOLAN (2002/07/25)
ビーグラムレコーズ

この商品の詳細を見る

たまにこういうのも聞きたくなります、私あまりこの頃(1990年代前半)は音楽聴く暇が無くてT-BOLANも知りませんでした(^^ゞ
後になって友人がたまにカラオケで歌っていたのを聞いて知ったぐらいですから・・
さすがにキャッチーで聞きやすいですよね、歌謡ロックって感じ、今のGRAYみたいなものですか((-ω-。)(。-ω-))フルフル
やっぱ暴威BOØWYの影響も受けてるんでしょうね、特にバラードはシンプルで( ・∀・)イイ!
中でも「Bye For Now」は大好きな名曲です
[ 2007/04/24 01:29 ] CD 邦楽 | TB(0) | CM(0)

FREE SPRIT

ジョニー ルイス&チャー
FREE SPIRIT

?1979年の日比谷野外音楽堂での伝説のライブを編集、後から発売された3枚組は完全版ですがこちらはあとから音を編集しております、従ってギターソロなどは違っております、まあCHARのライブは即興ですのでミスもあるわけで・・完全版よりこちらの方が音的にはいいかもしれません、全曲入ってないのが不満ですが、しかし79年の曲が未だに聴いてもあきないのはさすがです、日本のROCK史に残る名盤だと思います。

[ 2006/08/16 15:15 ] CD 邦楽 | TB(-) | CM(-)

GUITAR LAND 春畑道哉

春畑道哉
GUITAR LAND

春畑さんのサードアルバム(SMAIL ON MEと同時発売)、メロディはキャッチーなんですが、ドラムがすべて打ち込みなのでちと・・

でもギターはあいかわらず唱っております、ロックとフュージョンの間ってところでしょうか、やっぱりこの人はギタリストなんでしょうね、曲のアレンジや構成にはもっと頑張って欲しいけど、まあソロ2回目の発売と言うことで仕方ないか、曲は良いのに・・

[ 2006/07/26 22:51 ] CD 邦楽 | TB(-) | CM(-)