FC2ブログ

なにわ橋紀行NO9

やってきましたもうおなじみのシリーズ(・_・)......ン? NO9です、
今回は第二寝屋川行きまーす・・

第二寝屋川は、東大阪市と八尾市の境界で恩智川から分かれ、大阪市内で寝屋川に合流する延長約12kmの一級河川です。


大阪市内のスタートはこの「昭明橋」からです。
そして次は「古大和橋」もう横はJR学研都市線の放出駅です。


次は放出駅東橋があり阪東小橋・・
そして高いところにある「阪東大橋」です

ここは国道479号線いわゆる内環状線が通っております。
ここから西側をみるとズラッと橋が並んでおります(;-・。・-;)

一番手前が「専永小橋」そして「専永橋」と続きます。
次の「新永小橋」を越えると「新永橋」です。

ここで、平野川分水路と交差します、水門ももちろんあります。

そして「天一橋」「天二橋」「城運橋」「新運橋」「新開橋」と続きます、その次が趣のある「鴫東橋」です。

この橋は今にも壊れそうで、老朽化のため。ただ今通行止めとなっております。
すぐ近くに「鴫野大橋」があります、しかしこんなに橋が必要なのかと思うほど近接してかかっています・・

朝早かったので、山パンのトラックが朝靄の中を・・
ここから少しあるくと「上城見橋」そして「新城見橋」です。

横の小さな橋は「城見橋」ですが、ここは平野川との分岐点です。
次は「下城見橋」ですが、ここからは大阪環状線の向こうにもう大阪城が見えてきます

そして、「弁天橋」があって、「大阪城新橋」です、横は大阪城ホールですね。

反対側の建物はホテルニューオータニです、このあたりはOBP(大阪ビジネスパーク)になります。
そして最後の橋ですが「新鴫野橋」です。

大阪水上バス、アクアライナーが大阪城の横から出ております。航路は大川を通って淀屋橋へそしてOAP(帝国ホテル)あたりを巡回して戻ってきます。
もうこのあたりは終点の寝屋川との合流地点です。

お疲れ様でした、さて次の予定は未定です。まだ残っているのですが、梅雨時は雨でなかなか写真が撮れなかったものですから・・


なにわ橋紀行NO8

ほなほな、シリーズ第8弾は予告通り「城北川」です。かなりたくさんありますよΣ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!

城北川は、城東区で寝屋川と分かれ、都島区で大川に合流する延長約6kmの一級河川です。舟運に利用する目的で昭和10~15年にかけて大阪市内最後の運河として開削されたものです、川と言うより運河ですね。

スタート地点は寝屋川からの分岐点です、ここには水門と古堤橋が架かってます。

ここから北へと流れていきます、水門の裏側です



次は珍しい黄色の橋の今福南橋です。

そしてお次は新今福中橋と今福中橋で、この二つの橋は表裏一体で別に橋の名前変えなくてもいいのにと・・

次の橋は今福大橋で鶴見通が通っており、結構広いです

ここからはマンション街を横に見ながら、北へ北へと・・
大喜橋を越えると今福北橋です、この橋は変わった形をしております。

次は南菫橋そしてこれが中菫橋(なかすみればし)です

この先の横に保育園がありまして、ソコに水遊び場が造られてて、小さな橋がかけられてました。
すみれ小橋という名です、城北川に架かっていませんがなんかアップ

このあたりは川沿いに綺麗な遊歩道が整備されておりまして、歩いていても気持ちいいです(・∀・)イイ!!
IMGP2500.jpg

この時期は立葵なんかも咲いてました。
IMGP2509.jpg

では橋に戻りまして、次が南・中と来れば当然北菫橋です、でもこの橋は工事中でして(´・ω・`)ガッカリ・・・

そして次がようやく本来の菫橋です、国道163号線が通ってます。

そしてここから川は西へ流れを変えて、阪神高速の下を流れます、遊歩道も少ししょぼくなって暗い雰囲気に(´ヘ`;)ハァ
IMGP2518.jpg


橋の数も増えますので端折りながらご紹介。
歩道橋の新森小橋を超えると新森小路橋です、何か昔風の石橋です。

この近くに京阪森小路駅があります、そしてその京阪の鉄橋を越えると、古市橋です。

何か昔は京街道が通っていたそうな( ´_ゝ`)フーン
次が国道1号線の走る城北橋、ようやく川の名が橋名に・・

大宮小橋・東大宮橋・西大宮橋と通過しまして旭江野橋です。

この横には旭区役所やら区民センターやらが有ります。
東中宮橋・西中宮橋・香蘭橋と通過・・ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
関係ないですが目線をくれたのでかわいいヌコの写真▼・ェ・▼
IMGP2549.jpg

そろそろ橋も飽きてきたでしょうけど・・次が西浪橋


城東貨物船の鉄橋を越え、赤川橋・大東橋を越えると少し距離があって東友渕橋です。

このあたりまで来ると旭区を越えて都島区です。
当然次は友渕橋です。

此処までくると、もう終点の大川が見えてきます、隣の橋が桜花橋と大川口の水門です。

そしてようやく最後の橋の春風橋です。\(^_^)/ー


しかし一気に歩くとかなり距離があります(;-・。・-;)お疲れ様・・
今回はBLOG容量の節約のため外部アルバムから直リンしましたが、上手く表示されたのでしょうか(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?

全部の橋は紹介できませんでしたが当然こちらのアルバム「大阪の橋」には全画像アップしてます■D\(^^

さてさて(大臣。さま風・・)

次回は先日チラ見したワロタ 第二寝屋川の予定です、こうご期待ワクワクキタイアゲ


なにわ橋紀行NO7

大阪市内の橋を紹介する、なにわ橋紀行シリーズも第7弾です。
今回は寝屋川編行きますよ。

寝屋川は大阪府交野市星田付近に源を発し西に流れます。寝屋川市内で南に転じ大東市で再度西に向きを変え、大阪市中央区と都島区の境界で旧淀川(大川)に合流します。
IMGP2389.jpg

大阪市内のスタート地点はここ、「万代橋」からです。
IMGP2400.jpgIMGP2397.jpg
この橋の先はもう東大阪市になります。
次に「徳庵小橋」がありまして、「徳庵橋」に至ります。
IMGP2384.jpgIMGP2387.jpg
このあたりいろんな水路が入り組んでおりますが、無視しまして・・
少し先に古川の合流地点があります
IMGP2401.jpg
そして、歩道橋の「今津諸口橋」を越えると「今津橋」です。
IMGP2383.jpg

この次は「放出大橋」です。
IMGP2347.jpg
大阪の人は読めると思いますが、これで放出(はなてん)と読みます。
次の橋は「寝屋川大橋」です。
IMGP2342.jpg
この次に「寝屋川歩道橋」があるのですが、このあたりで城北川が分岐します。
IMGP2338.jpg
見えてるのは城北川水門古堤橋です。
次の橋は「極楽橋」
IMGP2328.jpg

そして、「新喜多橋」「新喜多大橋」が並んで架かってます。
IMGP2324.jpgIMGP2325.jpg

このあたりから川沿いの堤防には地元の小学生の絵が描かれてます
IMGP2321.jpg
こういうのは見ていて心が和みます(・∀・)イイ!!
学研都市線の鉄橋を越えると、「朝日橋」です。
IMGP2320.jpg

その先は「鴫野橋」があって、もう京橋駅です。
IMGP2178.jpg
このあたりからOBP(大阪ビジネスパーク)の横を流れます。
大阪環状線の鉄橋・「京橋駅前歩道橋」を越えると「北橋」です
IMGP2158.jpg
その次が「片町橋」ですが、ここらから大阪城が見えます。
IMGP2160.jpgIMGP2157.jpg

この先で第二寝屋川と合流します、横は松下ツインタワーですね。
IMGP2143.jpg

そして、「京橋」「大坂橋」が重なるようにして架かります。
IMGP2141.jpgIMGP2139.jpg
IMGP2136.jpgIMGP2370.jpg

下にかかる橋が京橋で上が大坂橋です。
京橋は大阪城の北の玄関口に当たる重要な橋で、公儀橋に指定され、大阪城を起点として京都へ向かう京街道や野崎まいりで有名な野崎街道を兼ねる大和街道の出発点でもありました

最後に架かるのが「寝屋川橋」です。
IMGP2372.jpgIMGP2376.jpg
もう横は京阪天満橋駅です、そして向こうは大川です、終点ですね・・

駆け足で寝屋川の橋をご紹介しました・・

さて次は何時になるかわかりませんが、おそらく「城北川」です。ヾ(゚Д゚ )ォィォィ



なにわ橋紀行 番外編

今回はいつもと違って橋の紹介と言うより、水門と渡船の紹介ですな、従って番外編で・・ チャリで出かけたのは尻無川です。

自宅からすぐなので、気楽に自転車でお出かけです。
まず尻無川は木津川から分岐します、分岐地点は「岩松橋」のあたりです。
京セラ大阪ドームのすぐ横ですね。
IMGP2620.jpg
正確にはここは「岩崎運河」と言いまして、大正9年に開削されたものです。
ここから西に進むと「岩崎橋」があります。
IMGP2590.jpg
向うにあるのは大阪環状線の橋梁です。
岩崎橋は市内で初めての「鉄筋コンクリート橋」としてお目見えし、このあと道頓堀の戎橋が続きました
川沿いに進むと大きな水門が見えます「尻無川水門」です。
IMGP2594.jpg
これが90°傾斜することで防波堤になって台風時や地震時の津波を防いでくれます。
安治川と木津川にも同じような水門があります。
コレがなければ津波が来れば我が家も水没するでしょうヽ(゚_゚>)

その少し先に「甚兵衛渡船場」があります
IMGP2596.jpgIMGP2599.jpg
自転車ももちろん無料で乗船できるので待っていると、
地元のオジサンが(オラも地元の人間ですが・・)「そのカメラ拡大しても撮れるのか」って
聞かれたので「ええ、ズームできますよ」
「スゲえなあ・・」
なんて話していると船がやってきたので乗船・・
ほんと知らない人とのふれあいも大事です(・.・;

IMGP2600.jpg
この時間は地元の高校生達の足になっているようです
IMGP2598.jpg
河口側には遠くに「千歳橋」が見えます。

IMGP2603.jpgIMGP2605.jpg
揺れる船内から撮りました・・
あっという間に対岸に・・
IMGP2606.jpgIMGP2608.jpg
こちら側は大正区になります、で水門の入口はこちら側です
IMGP2609.jpg

しかしこの川沿いはなんか一昔前にタイムスリップしたような情緒があります
IMGP2592.jpg

IMGP2613.jpg
向こう岸に並ぶのは昔からの瓦補修・屋根修理の業者さん達です・・
大阪ドームだけが現代風ですが・・
IMGP2614.jpg

今回は番外編でしたので、次回は本編に戻ります たぶん(・_・)......ン?

なにわ橋紀行NO6

橋シリーズ次は「神崎川」をアップです。大阪市の北端を流れる淀川の分流です。
摂津市一津屋地区西端にある一津屋水門で淀川右岸から取水、東淀川区北部を西に貫流、吹田市の南端をかすめ曲流しながら吹田市・大阪市淀川区・豊中市・兵庫県尼崎市の境をなして流れ、西淀川区で左門殿川・中島川・西島川を分けて西淀川区中島と西島の境で大阪湾に注ぎます。
流程は約21km、流域面積は627平方km。別称を三国川です。
この川すべての橋を撮るには歩きではツライので、まあいいかと思っていたら、前回登場のFさんが「川沿い車で走りやすいから」と言う理由で淀川撮りたかったのに、半ば強制的に上流から撮ることに・・
まあ大阪市内の川だから良いんですけど・・
IMGP2050.jpg
ここが淀川からの取水口「一津屋水門」です、ここから下流へ流れて大阪湾まで流れます。つぎに、「江口橋」があるのですが、工事中で橋の形が解らないのでボツ、そして「西江口橋」です。
IMGP2044.jpg
この次の「小松橋」を越えると、茨木市から流れてくる安威川と合流します、そして「高浜橋」です。
IMGP2027.jpg
実は長い間吹田市に住んでいたので、子供の頃、このあたりまでよく遊びに来ました、懐かしいです(゚_゚)(。_。)ウンウン
次の橋は「吹田大橋」です。
IMGP2040.jpg
そして比較的新しい「新大吹橋」を越えると、JR東海道線の鉄橋があって「大吹橋」です。
IMGP2014.jpg
赤いのがJRの鉄橋です。
新御堂筋が走る「十八条大橋」を越えて「榎木橋」があります。
IMGP2013.jpg

その次に阪急三国駅近くの「三国橋」そして国道176号線の通る「新三国橋」です。



そして、阪急神崎川駅近くの「神洲橋」をこえ、阪神高速池田線の「大豊橋」、そしてこの綺麗なアーチの「毛斯倫(もすりん)大橋」になります。
IMGP1995.jpg

この次が「神崎橋」です。
IMGP1999.jpg
建永2年(1207)の出来事として、法然上人とこの地の遊女にまつまる次のような説話がのせられいます。エラい古い話です(;-・。・-;)
入水した五人の遊女の遺体が水中より、この橋の近くに揺り上げられてきたので、「ゆりあげ橋」と呼ばれるようになったということです。

さて、ここから先は後日に徒歩で河口目指してトボトボと・・
IMGP2064.jpg
国道2号線の通る「神崎大橋」です、そして、阪神千船駅の鉄橋を越えると
「千船大橋」です。
IMGP2070.jpgIMGP2071.jpg
次の「千北橋」を越えたら、阪神出来島駅あたりです。ここで中島川と分かれます
ちょうど国道43号線の「出来島大橋」あたりです。
IMGP2114.jpgIMGP2107.jpg

実はこの先道を間違えまして、中島川に沿って歩いてしまいましたorz
でもって、河口まで行く時間が無くなりました・・
でも橋だけはと・・
次に西島川との分岐点に「西島川水門」が見えます、
IMGP2102.jpg

そしてその横に「城島小橋」そして最後の橋がこの「城島橋」です。
IMGP2094.jpgIMGP2099.jpg

ふぃー、やっぱり結構長いなぁこの川は・・
次は何処行こうかね(゚ペ)ウーン