FC2ブログ

なにわ橋紀行NO5

さて、橋シリーズ次は土佐堀川から分かれる「木津川」編詣りましょうか・・
木津川は大阪市西区中北部で淀川分流の土佐堀川から分かれ、西区中央部を南へ縦断。大正橋で道頓堀川が東から合流し、西へ尻無川(岩崎運河)を分ける。大正区と浪速区、西成区との境界を成しながらなおも南下し、千本松大橋付近から徐々に南西流、そして西流へ転じる。下流では大正区と住之江区の境界となり、木津川運河を分けて大阪港南部(大阪南港東部)へ注ぎます。

スタート地点は「昭和橋」です。
070313112255.jpgIMGP1610.jpg
木津川の分流点に昭和橋が架けられたのは昭和7年です、私は読んでませんが、宮本輝氏の『泥の河』は、この橋の描写から物語が始まっています。

次が「木津川橋」
IMGP1613.jpg
このあたりには以前ご紹介した「川口居留地」がありました。
中央大通りが通る「木津川大橋」を越えると、「大渉橋」(おおわたりばし)
IMGP1604.jpgIMGP1600.jpg
このあたりに、昔、大渡しという渡し船があったそうな・・
次は「松島橋」です。
IMGP1605.jpg
川口に居留地が造られたこともあって、このあたり松島には市中の遊所を集めて、大阪最大の遊所が開かれました、今でも名残は残っております・・

そして、我が家のすぐそばにかかる「伯楽橋」です。
IMGP1602.jpgIMGP1564.jpg
暫く工事をしていたのですが、ようやく綺麗に完成しました(゚_゚)(。_。)ウンウン
大阪ドームを右手に見ながら次は「千代崎橋」です。
IMGP1565.jpg
千代崎橋は松島橋、伯楽橋と同様に戦前の都市計画事業によって、現在の橋に架け換えられました。次の最近完成した「大阪ドーム前歩道橋」を越えると、「大正橋」です。
IMGP1567.jpg
この手前で「道頓堀川」が合流し、「尻無川」が右手に分かれます。
下流側の高欄にベートーベン作曲の交響曲第9番の「喜びの歌」の楽譜がデザインされています、今度写真撮ってきて追加しておきます(^^ゞ

ここから先は周りは工場地帯になってきます、
次に大阪環状線の鉄橋を越えると「大浪橋」があります。
IMGP1946.jpg
大浪橋の名は大正区と浪速区を結ぶ新橋ということで区名の一字ずつをとって付けられてます、
次に大きな「木津川水門」が見えてきます。
IMGP1953.jpg
この水門は防災時の津波よけで「尻無川水門」「安治川水門」もあります、横には橋の代わりに「渡し船」が今もあります「落合上渡船場」と少し南に「落合下渡船場」があります。

IMGP1951.jpgIMGP1955.jpg
もう少し下ると次は「千本松大橋」です。
IMGP1962.jpg
木津川を船が安全に航行できるよう、桁下を水面から34mの高さにする必要があり、両岸の取付部には2段のらせん状の桁が採用され、その形状から別名"めがね橋"の愛称で呼ばれています。
傍らには今も「千本松渡船場」があり、船でも向こうにわたれます、なんでも橋の上まで歩行者が昇るのが大変なので残されたそうです。
IMGP1959.jpg
そして木津川最後の橋「新木津川大橋」です。
IMGP1963.jpg
とにかく、新しい橋なので綺麗です、高さも相当あります。
横には今でも「木津川渡船」が運行しております。
IMGP1966.jpg
ちなみにこの渡船だけは「大阪市港湾局」の運営で、ほかは「大阪市建設局」が運営しております、もちろんすべて無料です(橋の一部ですから~)
この先で木津川は大阪湾に流れ込みます。

なお、今回は先日いきなり呼び出して「なみはや大橋」撮影に協力頂いた友人のFさんに南の方は車で連れて行って頂きましたアリガト!(´▽`)
実はこの先何度か協力頂くのですが・・(^^ゞ

なにわ橋紀行NO4

前回の「難波橋」から先は、北が「堂島川」南が「土佐堀川」に分かれて西へ流れています。今回はこの二つの橋をご紹介、「堂島川」から西へ進みます。

まずは「鉾流橋」からです。
IMGP1823.jpgIMGP1712.jpg
橋の袂で、天神祭の宵宮に神鉾を川に流す行事「鉾流しの神事」が行われていますのでこの名が付いてます。右の背景の建物は「大阪高等裁判所」です。
次は「水晶橋」
IMGP1822.jpgIMGP1826.jpg
この橋はもともとは堂島川可動堰という、河川浄化を目的として建設されたゲートです。
美しい橋ですよ。
次が「大江橋」この上は御堂筋です。
IMGP1824.jpgIMGP1834.jpg
大江橋は元禄年間、堂島開発によって新しく架けられた堂島川五橋の一つです。
デザインも凝っていて、水面すれすれなので、船はギリギリ通行できるようです。

次は「堂島ガーデン橋」がありまして、四ツ橋通の「渡辺橋」です。
IMGP1855.jpg
「渡辺」は渡しのほとりを意味し、大阪の古地形から上町台地の北端部あたりを指したものと考えられております、渡辺さんが作ったわけではありません(・.・;

「田蓑橋」をすぎると、「玉江橋」です。

IMGP1633.jpg
玉江の由来は、『中之島誌』によると、欽明朝のころ堀江で美しい玉が見つかり、堀川戎神社の御神霊としたが、その場所を玉江と呼んだという縁起から命名したとされています。
この次に見える橋は「堂島大橋」です。
IMGP1629.jpgIMGP1628.jpg
かなり目立ちます( ゚Д゚)ヒョエー
次の「上船津橋」をすぎると、終点の「船津橋」
IMGP1621.jpg
これは横の「大阪中央卸売市場」から撮影しました。
この先で再び「土佐堀川」と合流して「安治川」となります。

では今度は「土佐堀川」を東へ戻りましょう。
船津橋の隣にある「端建蔵橋」です。
IMGP1623.jpgIMGP1617.jpg
江戸時代の中之島には各藩の蔵屋敷が建ち並んでいた。中之島の西端にも蔵が建てられていたため、端建蔵という地名が生まれたとされています。
そう、このあたりは中之島の西端です。ここで、「木津川」に分かれて南へ流れていきます

次の「湊橋」を越えると「土佐堀橋」です。
IMGP1639.jpgIMGP1641.jpg
後ろの建物は「住友病院」です。
「越中橋」をすぎると「常安橋」
IMGP1638.jpgIMGP1636.jpg
常安の名は江戸時代初期の豪商淀屋常安に由来すると考えられてます
筑前黒田藩蔵屋敷への船便のために造られたという「筑前橋」をすぎると、「肥後橋」です
IMGP1846.jpg
江戸時代、肥後橋の北詰の中之島に肥後藩の蔵屋敷があったためにこの名になりました、
地下鉄四つ橋線の駅もあるのにしょぼい橋です(・.・;

次は荘厳な「錦橋」です。
IMGP1838.jpg
橋上に大阪の橋をテーマにした錦絵をタイルに焼きつけたものを展示してるので、この名ですか・・、比較的新しい橋です。

次の橋は有名な「淀屋橋」
IMGP1845.jpg
御堂筋が通る、ビジネス街です。名前の由来は、江戸時代初期に活躍した豪商淀屋によって架けられたからと伝えられております、大阪人の親しみのある橋NO1だそうです。
最後の橋が「栴檀木橋」これで「せんだんのきばし」と読みます( ´_ゝ`)フーン
IMGP1828.jpg
この橋筋に栴檀ノ木の大木があったためとしています。
この先は「難波橋」に戻ります。

今回は中之島をぐるっと一周してみました(;-・。・-;)
さて、次回はどうしようかな・・木津川・安治川あたり行きますか(゚ペ)ウーン


ルート地図貼り付けてみます。

なにわ橋紀行NO3

シリーズ第三弾は旧淀川である「大川」にまいります。
大川は旧淀川の一部でして、新淀川(現在の淀川)から分岐して、中之島の東端で堂島川土佐堀川に分かれます。従って淀川分岐から中之島東端までを大川と呼びます。

IMGP1938.jpgIMGP1932.jpg
まずスタート地点に「毛馬閘門」があります、正確には「毛馬水門」もあります。
毛馬閘門は水位の違う淀川と大川の水位を合わせて通船の便をはかり、毛馬水門は大川へ流す水を調節します。
またこのあたりは、俳人「与謝蕪村」の生誕地でもあります。
左の写真の左端に少し写ってますが・・(^^ゞ

次に城北通りが通る「毛馬橋」です。
IMGP1933.jpg
毛馬の名の由来は、遠い昔この地が草の生い茂る淀川河口洲で、地上に生ずる草木を一般に毛ともよび、川洲の一つを毛志馬(けじ ま)と名づけられ、これを縮めて毛馬になったとする一説があります。ホント o(゚Д゚)っ?

川沿いに進むと、東から「城北川」が合流します、城北川にかかるのは「春風橋」です。
IMGP1923.jpg

このあたり、公園もあり、高層マンションも多く、閑静な住宅街です、朝の散歩は気持ちいいだろうな・・
IMGP1908.jpgIMGP1917.jpg
この橋は「飛翔橋」、歩行者自転車専用橋です、美しい橋ですよ、川沿いは桜並木で春の満開時にはもう・・( ・∀・)イイ!!
何か朽ち果てた船も止まってて、ノスタルジック(・_・)......ン?
IMGP1915.jpg
次の橋は1号線が走る「都島橋」です。
ここから少し曲がりくねって環状線の鉄橋の横に「源八橋」があります。

IMGP1884.jpg
このあたりに江戸時代初期からの長い歴史をもつ”源八渡”があり、与謝蕪村は”源八をわたりて梅のあるじかな”という句を詠んでいます。

横目に「帝国ホテル」を見ながら、次の「桜宮橋」を見ると、大阪城が綺麗に見えます
IMGP1903.jpgIMGP1873.jpg
「桜宮橋」は通称「銀橋」と呼ばれ、とても美しい橋です。
現在横に「新銀橋」がほぼ完成しておりますが、昔の方がやはり美しい気が・・

次に見えてくるのが「川崎橋」です
IMGP1865.jpgIMGP1859.jpg

江戸時代、大阪城京橋口から、幕府の役人宅や諸藩の蔵屋敷があった対岸の川崎(北区天満一丁目の一部)へは「川崎渡」が通っていたことからこの名が・・

そう言えばこのあたりは「院長先生」のお膝元ですね(゚_゚)(。_。)ウンウン
IMGP1866.jpg
次は「天満橋」です、京阪電車の駅がありますね、向こうに見えるのは旧松坂屋です。
ここから先の三つの橋「天満橋」「天神橋」「難波橋」は江戸時代以来、大坂の町にとって最も重要で親しまれた橋で「浪華の三大橋」と呼ばれてました。

IMGP1857.jpg
これは「天神橋」です、このあたりから「堂島川」「土佐堀川」に分かれます、したがって「中之島」の東端でもあります。
当初は新橋と呼ばれていましたが、天満天神社が管理することからしだいに天神橋と呼ばれるようになったらしいです。

IMGP1720.jpgIMGP1696.jpg

大川最後の橋は「難波橋」です、ライオンの石像が欄干にあることから「ライオン橋」の呼称で親しまれています。
ここは、「堺筋」が通っており、北浜界隈ですね。

さて、ここからは「土佐堀川」「堂島川」編に続きますよ、次回はいつにアップできるやら(;-・。・-;)

そう言うわけで、「大阪の橋」にまたいろいろアップしておきます・・


大阪の橋

なにわ橋紀行 NO2

前回に引き続き、橋の写真です、今回は前回の「東横堀川」の続きで「道頓堀川」編まいります・・

道頓堀川は、東横堀川と木津川を結ぶ、延長約2.7km、流域面積(降った雨が川に流れ込む範囲)約4k㎡の一級河川です。
IMGP1737.jpg
ここが始まりです、突き当たりの左側は「東横堀川」になります。

この次に「下大和橋」がありまして、つぎがこの「日本橋」です。
IMGP1739.jpg
日本橋は紀州街道(旧国道29号線)が道頓堀を渡るところに架けられた橋で、江戸時代には幕府が管理する公儀橋でした、現在は堺筋が通っております。

そしてここから西はいわゆる「ミナミ」に属する繁華街でして、現在大規模な河川工事が行われております、従って橋の写真はまともに撮れませんがorz

次は「相合橋」がありまして、こちらが「太左衛門橋」です。
IMGP1596.jpg
橋の名は橋の東南角で歌舞伎の小屋を開いた興行師大坂太左衛門に由来するといわれております。
その次に架かる橋が「ひっかけばし」で有名な(´ヘ`;)ハァ
「戎橋」です
IMGP1755.jpg
まったく工事でほとんど全容が撮れません( ;∀;) カナシイナー
かわりにおなじみの風景を、モノクロ風でどうぞ■D\(^^
IMGP1757.jpg
Σ(゚Д゚ υ) アリャ、何故か写真が傾いとるo(・_・= ・_・)o キョロキョロ

次の橋が「御堂筋」の通る「道頓堀橋」です。
IMGP1592.jpg
地下鉄が昭和10年10月に開通、11年5月に完成した。この橋の幅は道路幅と同じで、現在大阪で最も幅の広い橋らしいですが(・_・)......ン?

西へ進むと「新戎橋」がありまして「大黒橋」です。
IMGP1590.jpg
もうこのあたり、かなり怪しい歓楽街です(O.O;) (o。o;)
このあたりで今は埋め立てられた「西横堀川」と合流してました。

次の橋は四ツ橋が通る、「深里橋」です。
IMGP1585.jpg
このあたりは湊町リバープレイスなどがあり、(仮称)道頓堀川人道橋も作成される予定です。

ここから西はOFFICE街、住宅街になり、静かになってまいります
次の橋は「住吉橋」です。
IMGP1577.jpg
住吉橋は、橋の上に立つとはるか南に住吉の高燈篭を望むことができたためこの名が付けられたといわれます、ホント o(゚Д゚)っ 

次は「なにわ筋」の通る「西道頓堀橋」です。
IMGP1579.jpgIMGP0490.jpg

「幸橋」を過ぎ「あみだ池筋」の通る「幸西橋」の次に、「新なにわ筋」の「汐見橋」があります。

IMGP1572.jpgIMGP1571.jpg
この南には南海高野線の大阪側の正式な起点「汐見橋駅」があります。

最後の橋「日吉橋」をすぎると、終点の「道頓堀川水門」です。
IMGP0453.jpg
ここで、「木津川」に合流します、この水門と前回の「東横堀川水門」で川の水位や水量を調節しております。

osaka1.gif
今回も「大阪市建設局」から文や地図を拝借(m_m)

あと、載せていない橋や大きな写真はこちらのアルバムでどうぞ



大阪の橋

さて、次回はどの川載せましょうかね・・(゚ペ)ウーン









なにわ橋紀行 NO1

そろそろため込んできた橋の写真、川ごとに紹介していきましょうか、興味ない方はスルーして下さいエッ?(?_?)エッ?
どのくらいの記事数になるかまだ不明です(゚゚;)\(--;)オイオイナニイッテンダヨ
すべての画像を載せるとかなりの数になるので、アルバム「大阪の橋」にアップしておきます。少しずつ・・

まずは超マイナーな「東横堀川」から(・_・)......ン?
大阪市中央区を流れる、土佐堀川と道頓堀川をつなぐ運河。全長約3km。大川が堂島川と土佐堀川に別れた付近で土佐堀川から分岐、南へ流れ島之内あたりで道頓堀川になります。東横堀川は、大阪城の外堀として、豊臣秀吉によって1585年に開削された、大阪最古の堀川らしいです。

まず土佐堀川から分かれるところに「葭屋橋」があります

IMGP1767.jpg
葭屋橋は、俗に築地と呼ばれた蟹島遊廓への通路として設けられたものである。この遊廓は天明4年(1784)、葭屋庄七らによって開発されたものです。

次にその南の「今橋」を越えると、「東横堀川水門」が見えてきます。 IMGP1677.jpgIMGP1672.jpg
この水門と「道頓堀川水門」で水位の調節等を行います。

(水門のはたらき)
(1) 高潮の防御:大雨や高潮により水位が上昇する時は、水門を閉め、浸水被害を防ぎます。 (2) 水位の制御:道頓堀川は潮の干満によって水位が変動する川ですが、両水門により、河川水位をほぼ一定に制御します。
(3) 閘門機能:水門の前後で水面の高さが違う時に、水門内で水位の調整を行い、船舶を航行させることができる閘門を併設しています
以上は「大阪市建設局」からの抜粋です。

それを越えると次は「高麗橋」です。
IMGP1673.jpgIMGP1675.jpg
高麗橋という橋の名の由来には諸説あるが、古代・朝鮮半島からの使節を迎えるために作られた迎賓館の名前に由来するというものと、豊臣秀吉の時代、朝鮮との通商の中心地であったことに由来するというものが主なものである。

ドンドン南下します・・
「平野橋」「大手橋」を越えると「本町橋」です。
IMGP1661.jpg
本町橋は現役の橋としては、大阪市内最古の橋であり、豊臣秀吉が大阪城築城に際して東横堀川を外堀として開削した時に架けられたと考えられています。

それから「農人橋」ここはちょうど中央大通りです。つまり市内の真ん中です。
IMGP1656.jpgIMGP1652.jpg
名前の由来は「いにしえより農民が田畑へ往き通うための橋」だったかららしいです・・

その南に「久宝寺橋」「安堂寺橋」がありまして、「末吉橋」です。
IMGP1645.jpg
平野の豪商末吉孫左衛門が架けたと言い伝えられています、コンクリートのアーチ橋になっとります。
次は「九之助橋」
IMGP1728.jpg
橋の西側は九之助町で、町名や橋名の九之助は関係者の人名につながるようだが、その由来は不明であるとのことで( ・ω・)モニュ?

「東堀橋」「瓦屋橋」をすぎると、東横堀川の終点「上大和橋」です。
IMGP1733.jpg
ここで川は90°ターンして道頓堀川になって西へ流れていきます。
ちなみにこのあたりは大阪でもDEEPな所ですので、特に夜は女性の一人歩きは厳禁ですよ(((( ;゚д゚)))アワワワワ

以上、解説は「大阪市建設局」からの拝借です、ついでに大阪市中心部の地図も拝借(m_m)
osaka1.gif


アルバム大阪の橋