FC2ブログ

ハウスウェルネスフーズ 「C1000 1日分のビタミン」B-Promotionレビュー

久々のB-promotionレビューです
B-Promotionとは日々リリースされる商品やサービスを、まずはB-Proレビュアーが「体験」した上で、アマチュア有識者としての意見、使用感のレポートなどを、自身のブログ記事として投稿します。 それを読んだ他のブロガー、検索エンジンからたどり着いた消費者に対し、商品やサービスの「本質」をPRすることによって、「いいモノ」「いいサービス」の拡販に寄与する、というまったく新しいプロモーションサービス、それが「B-Promotion」です。

今回はハウスウェルネスフーズの 「C1000 1日分のビタミン」です、C1000といえば武田薬品ですがハウス食品と食品部門を統合してハウスウェルネスフーズの製品として発売されています。

IMGP0579.jpg
6本パックで送られてきました、1日1本として6日分ですね
これ1本でビタミンC1000mgと、ビタミン12種類で、1日分の全種類のビタミンが補える“元気”サポート飲料。ということです
IMGP0580.jpg
忙しい現代人にはどうしても野菜は不足がち、私も家では極力サラダなどを食べるようには心がけておりますが、やはり野菜は不足します、1日でどれだけのビタミン補給が必要化など普段考えたことはないのでこれで補給できればいいですね
IMGP0582.jpg
早速、飲んだ感想です、色はご覧のとおり薄い黄色、レモン色です、味はグレープフルーツ味、酸味もあまりなくてほんのり苦味があります、まあ普通のジュースとして飲めます。
実際飲む前は果汁100%ジュースのイメージを持っていたのですが、薄味で飲みやすいです、薬くさい味もしないのでお子様でも飲めますよ。
で、実際6日分飲みましたが、効果のほどはわかりません(  ′∇ソ ヨーワカラン
そりゃそうでしょう、こういうものは最低1月以上続けないとね・・
でも気分的にはコレでビタミン補給・・と考えると精神的な効果は大きいかと☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆
朝出かける前とかお風呂上がりに1本いっとく・・・てなりますね
栄養ドリンクはやはり気合いが要りますし(・_・)......ン?

現在こちらで今回のプロモーションに参加した皆さんの感想を集めたページがOPENされてますので、参考にして下さい

キャンペーンバナー

ハウスウェルネスフーズ 「C1000 1日分のビタミン」
[ 2008/03/24 07:49 ] B-Promotion | TB(1) | CM(2)

ナップパーム 「リバーシブル フリース×ボア」 B-Promotion

B-Promotionのレビュー記事です。
今回は「nappalm(ナップパーム)「リバーシブル フリース×ボア」です、これからの季節にはピッタリです。


「B-Promotion」
とは日々リリースされる商品やサービスを、まずはB-Proレビュアーが「体験」した上で、アマチュア有識者としての意見、使用感のレポートなどを、自身のブログ記事として投稿します。 それを読んだ他のブロガー、検索エンジンからたどり着いた消費者に対し、商品やサービスの「本質」をPRすることによって、「いいモノ」「いいサービス」の拡販に寄与する、というまったく新しいプロモーションサービス、それが「B-Promotion」です。

「nappalm(ナップパーム)」は、カットソーなどのカジュアルウェアを中心に、キュートなレディースアイテムを提供しているアパレルメーカーです。
「リバーシブル フリース×ボア」は、ジップパーカー、ハイネックジップブルゾン、ジップパーカーベスト、ジップベストの4パターンに、それぞれ10カラーのラインナップ。デニムとコーディネートしやすい独自のカラー展開、フリースとボアのリバーシブルスタイルが特徴的な、今年いちおしのアイテムです。
IMGP0165-2.jpgIMGP0168.jpg
てなわけで、送られてきたのはコレです
IMGP0170.jpg IMGP0171.jpg
Mサイズのリバーシブルジップパーカー(パープル)¥4,095
Lサイズのリバーシブルジップパーカーベスト(グレー)¥3,045です。
色や形は選べなかったので、最初届いたのを見て「え、この紫はなぁ」って感じでしたが・・

早速、街角で撮影会を・・
まずは本人着用写真もってことで、女性のMサイズは私には小さいので、Lサイズの方のジップパーカーを着用してみました。
DSCN1425.jpgDSCN1427.jpg
男性でも違和感なく着れます(今回は男性モデルに問題ありますが(^^ゞ)、グレーなら私でも大丈夫・・かな
でも本来女性用ですので、知り合いにお願いしてモデルさんやってもらいました、やはり可愛い娘に着てもらわないとレビューになりませんし(^^ゞ

IMGP0199.jpgIMGP0201_20070929003910.jpg
まずは、フリースとして着用・・
あ・・もちろん本人にはBLOG記事の趣旨・内容とも説明して写真掲載することは承諾済みですよ(念のために・・)
そして、リバースして今度はボアとして着用
IMGP0212_20070929003919.jpgIMGP0250.jpg
着た感想は
「この色可愛い・ ∪´∀`)モキュ」
「フワフワで気持ちいい(*´∀`*)アッタカーイ」
と言うことで気に入ってもらえたようです(顔文字は雰囲気で・・)
やっぱり、紫は人を選ぶようです(´ヘ`;)ハァ

そして次はベストの方ですが
IMGP0215.jpg
うん、良いですね( ゚ー゚)(・∀・)イイ!!
(私は完全にカメラマンになりきってます(^^ゞ)
裏返して、ボアとして着てもらうと
IMGP0232.jpgIMGP0227.jpg
こんな感じです、パーカーベストとしても使い勝手は良さそうです
総評ですが
これからの季節重宝します、シンプルで飽きの来ないデザイン、合わせるとしたらやはりジーンズとかデニム系にピッタリ、もちろんハイキングなどのアウトドアでも良いですよね。
お手頃価格で4種類のデザイン・10種類のカラーが選べて楽しい・・


この商品は柏タカシマヤに直営店(千葉県柏市)にて取り扱っておりますのでお近くの方は覗かれては如何でしょうか、こちらのお店のスタッフさんもBLOG書いてらっしゃいます、スタッフ日記も一度覗いてみて下さい。

またnappalmオンラインショップでも販売しておりますので、( ゚д゚)ホスィ…ってかたは是非ご検討下さい。
d03_44_15.jpg

えと、レビューと関係ないですがこの娘だれ、とか・・紹介して、とか・・モデルさんの個人情報に関する質問には一切お答えできませんのであしからず(爆)・・(・∀・)アヒャ!!

キャンペーンバナー

ナップパーム 「リバーシブル フリース×ボア」

[ 2007/09/29 01:31 ] B-Promotion | TB(5) | CM(10)

B-Promotion オリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」 NO4(最終回)

「B-Promotion」のレビュー記事です。
今回はレビュー中の「オリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」」のついに最終回のレビューです。

このカメラかなり多彩な撮り方が出来ます、今回はその中から少し・・
・ブラケット機能
要は設定を変えて数枚自動で撮るやつです、露出(AE)、ホワイトバランス(WB)、フラッシュ調光(FL)と三種類のモードが使えます。
まずはAEブラケットの画像から
BlogE20070909_01.jpg
BlogE20070909_02.jpg
BlogE20070909_03.jpg
上から露出標準・-7・+7の順です。露出レベルは三段階から選べます、まあデジイチなら一般的な機能ですが、便利です。
次にホワイトバランスブラケット
E20070909_01.jpg
E20070909_02.jpg
E20070909_03.jpg
上から標準・レッド-6グリーン+6・レッド+6グリーン-6です。
これもRGBの色温度を細かく変えれます、このカメラ室内でのWBが不安定なことがあるのでJPEG撮りでは助かります。

・豊富な撮影モード
当たり前ですが、デジイチなので色々出来ますw(^_^)ンー?ナニナニ。
露出モードがプログラムオート・マニュアルモード・絞り優先・シャッター速度優先は当たり前として、面白いと思ったのがローキー・ハイキー撮影です。
20070807_31-1.jpg
20070807_30-1.jpg
20070807_32-1.jpg
上から標準・ハイキー・ローキーです、空の色見てもらえれば一目瞭然です、明暗差の激しい時なんかは重宝するかと、とは言ってもここから実際は追い込まないと行けませんが・・
あと測光方式も当然のように分割測光・中央部重点測光・スポット測光と装備しておりますが、他社カメラであまり見ないのがハイスポット・ロースポット測光でしょうか
P8210438-1.jpg
P8210439-1.jpg
P8210440-1.jpg
上から中央重点測光・ハイスポット・ロースポットです、此処までくると現場ですべて試すわけにも行かないので、あまり弄るとあとが大変・・
でもじっくりJpegで追い込みたい方には便利ですね(かなり難しいが・・)

・デュアルスロット方式
記録媒体にxDピクチャーカードとコンパクトフラッシュ(CF)同時にスロットに入れておけます、これは便利☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆と言うか無いと困ります、だってxDって最高容量2Gでしょ、RAW撮りする私には全然足りません、いつもCF4G突っ込んでます(^^ゞ
他にも色々と機能がてんこ盛りですが、紹介しているとキリがないので・・

でも総評の前に、最後ですのでレンズのお話を、ご存じの通りこのカメラはフォーサーズ規格です、従ってレンズもフォーサーズ用の専用レンズを装着します(マウントアダプター使えば昔のOMレンズや他社レンズも制限付きで使えますが・・それはあくまでもお遊びとして)
そのレンズなんですが。このレビューで使用していたキットレンズED14-42mmですが
コストパフォーマンスが高いです、この値段でこの写りなら満足でしょう。
ほんとOLYMPUSのレンズはよいですよ、グレードがスーパーハイグレード(松)・ハイグレード(竹)・スタンダード(梅)と分かれておりまして松レンズはおいそれと手が出る値段ではありませんが、竹レンズあたりならなんとか・・キットレンズ使い倒したら、竹レンズに行くのも良いかと、防塵防滴ですし、明るくて写りは言うことなし、特に14-54mmなんかは銘玉と言っても良いでしょう、またこれから先高速AF駆動、SWD(Supersonic Wave Drive)を搭載した新レンズ3本の発売も予定されているようですので楽しみですよ。


それでは、1ヶ月あまり使用しての総評です。

素晴らしい・感心したところ(・∀・)イイ!!
・強力な手ぶれ補正機能とダストリダクションシステムSSWF
・ライブビュー機能はやはりあれば便利
・デジイチとしては軽量コンパクト
・視野角が広くて見やすいハイパークリスタル液晶
・多彩な撮影機能
・スーパーコントロールパネルは案外使いやすい
・何よりフォーサーズならではの広角側での周辺減光・歪みがほとんど無い画質

もう少し頑張って欲しいところ(゚ペ)ウーン
・フォーサーズの宿命ですがファインダーが小さい、あとファインダー内設定表示は右側でなく下にして欲しかった(見にくいんですよね)
・JPEGだと結構白飛びしやすいです(RAW撮り現像で対処可能)
・室内でホワイトバランスが不安定(これもRAW撮り現像で対処可能)
・画像のアスペクト比が4:3なので(コンデジと一緒)銀塩やAPSデジイチの3:2に慣れてると最初違和感があります(慣れの問題?)
・今時このクラスで3点AFは無いでしょう(´ヘ`;)ハァ
・早くレンズラインナップをもっと充実して( ゚д゚)ホスィ…

まあ、重箱の隅をつつくようなモノもありますし、個人差もありますから・・
それでは、最終評価ですが、デジイチ初心者からハイアマチュア(どのレベルを言うのか・・ドラクエで言えばLv20-30あたりかな(・∀・)アヒャ!!)のかたまで使い倒せるカメラです、特にコンパクトなのでカバンに入れて街撮りスナップやライブビューでの花撮りなんかに最適かと・・また高級デジイチお持ちの方はサブカメラとしても良いかも、APSやフルサイズとは違った利点もありますし(レンズシステム揃え直すのは大変ですが・・)
これからデジイチデビューって方には値段も少しこなれてきましたし、お奨めできます、最初はフルオートでバシャバシャ、ハマれば色んなモード試して撮るのも面白くなると思います、レンズも好みのモノに変えれますしね、このカメラで写真道にハマって見ては如何でしょうかァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

4回にわたる長いレビューにお付き合い下さいまして有り難うございました、好き勝手書いてますので、参考になるかはわかりませんが・・

それでは最後にこのOLYMPUS E-510で撮った画像をアルバムに何枚かBLOGに載せてないモノも含めてアップしておきますので、良ければご覧下さい

E-510

キャンペーンバナー

オリンパス デジタル一眼レフカメラ 「E-510」

[ 2007/09/13 14:52 ] B-Promotion | TB(3) | CM(10)

B-Promotion オリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」 NO3

「B-Promotion」のレビュー記事です。
今回はレビュー中の「オリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」」の第三回目のレビューです。

今回のテーマは「手ぶれ補正機構」「ダストリダクションシステムSSWF」です。
まずは手ぶれ補正機構ですが、他社デジイチと違って、OLYMPUSmのデジイチはひと味もふた味も違います・・┐(´∀`)┌
まず撮影素子が小さいので制御しやすい、手ぶれ補正用に超音波モーター内蔵、でもって最大4段分の補正が可能です。
あと、モードがIS1とIS2の2種類あります、IS1は縦横両方向に手ぶれ補正、IS2は縦方向のみの補正です。
何はともあれ画像で効果を・・
P8280681.jpg

P8280682.jpg

上が手ぶれ補正IS1モードをON、下が手ぶれ補正OFFです。
シャッタースピードが1/8秒です、ライブビューでピントは合わせました・・
これが手持ちで撮れるのですから凄いです(・∀・)チゴイネ!

そして、IS2モードのサンプル画像ですが、これは流し撮りをするのに最適化と・・でもモータースポーツや電車の写真撮りに行けてませんので、世界陸上の女子マラソンからアップしてみます。(この日は朝帰りでギリギリに撮影できたので撮影ポイント選べなくて構図とかはご容赦下さい)
P9020785
P9020785 posted by (C)tam
ちなみにシャッタースピードは1/60です、このあたりのシャッタースピードが最適かなと・・
でも目の前を通り過ぎるの一瞬ですから難しいです(´ヘ`;)ハァ
P9020745
P9020745 posted by (C)tam
ちなみにこれは手ぶれ補正IS1モード、シャッタースピード1/320でドリンクを放り投げた瞬間です、ほんと偶然ですが・・
ピントはC-AFで撮ってますので、合ってるかどうか(^^ゞ

まあこの手ぶれ補正は便利です、ただIS2モードは縦位置撮影では難しいようです、あくまでも横方向のみキャンセルです。
それでも便利な機能ではあります☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆

次に「ダストリダクションシステムSSWF」ですが、これについてはレンズ1本しかないし、交換しないので検証のしようがないです(^^ゞ
わざわざ、CMOSにゴミ付けるわけにも行かないし・・
ただ。ライブビューを多用しているとどうしてもCMOSが剥き出しになるので、本当は塵や埃が付着し易いはずです、でも今まで塵が写り込んだことはありません( ´_ゝ`)(´<_`  ) 流石だよ
コレについても他社デジイチよりかなり強力なようです。(・∀・)イイ!!
だって「スーパーソニックウェーブフィルターを、超音波でフィルター面をはじいたときのように振動させる独自の技術で、付着したゴミを強力にはじき飛ばします。」ですから
安心して屋外でのレンズ交換も出来そうです。

私のデジイチ、ペンタ君は上記機能は二つとも搭載しておりません・・
従ってシャッタースピードにも注意するし、塵だってたまに付きます、ゴミが付けば当然自分でCCDをクリーニングします(ペンタックスには通称タタミ棒って呼ばれる強力なクリーナーが別売であるんです・・)
それでも取れなければサービスセンターでクリーニングして貰うことになります、従ってかなりレンズ交換には気を遣います((;・・ヘ)

以上のことからこのカメラOLYMPUS E-510の手ぶれ補正とダストリダクションは花丸をあげれます(゚⊇゚) はなまる

最後に「大阪世界陸上女子マラソン」の様子もアルバムに追加しましたので、よろしければ■D\(^^
世界陸上2007
世界陸上2007 by (C)tam
キャンペーンバナー

オリンパス デジタル一眼レフカメラ 「E-510」




[ 2007/09/02 16:04 ] B-Promotion | TB(5) | CM(10)

B-Promotion オリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」 NO2

BLOG、久々の更新です( TДT)ゴメンヨー
別に倒れてたわけでも旅行に行ってたわけでもなく、暑いので外出せずにマッタリとお盆を過ごしておりました・・

さて、今回は「B-Promtion」のレビューオリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」第2回目です。
今回のテーマはこのカメラの大きな特徴でもある「ライブビュー」機能です。

通常コンパクトデジカメ(以下コンデジ)では背面液晶を見て、構図ピント合わせでシャッター切るのが当たり前です(゚_゚)(。_。)ウンウン
でもデジタル一眼レフ(以下デジイチ)の場合はカメラの構造上コレが難しいのです(詳細は省略(^^ゞ)、ですから通常は光学ファインダを覗いてシャッター切ります。

で、このファインダなんですが銀塩カメラに比べてデジイチの場合撮影素子の大きさが小さくなるほどファインダも小さくなります、このカメラは撮影素子サイズが前回説明したフォーサーズ規格で他社APSサイズのデジイチより小さいので、ファインダも小さいです(比べないと気にならない人は気になりませんが)、ちなみにファインダは視野率95%・倍率0.95倍です、視野率とはファインダで見える範囲が写る範囲に対してどのくらいか、倍率は実際に対してどのくらいの大きさで見えるかです、100%ってのがBESTなんでしょうが、高級デジイチのファインダでない限り今はまだ・・

でもこの程度の視野率・倍率なら問題ないでしょう。覗いた感じ小さいとは思いましたが明るさ視認度は上出来だと思います。 話が逸れてお勉強の時間になりましたが・・

そこでファインダの小ささを補うためにも大きな背面液晶を使おうと言うことでしょうか、こちらなら視野率100%で液晶で見える範囲が写る範囲です。(コンデジでは当たり前なんですが・・)
このカメラの液晶は2.5インチ23万画素ハイパークリスタル液晶で綺麗に映ります、さすがにピーカン時はツライですが、私の持ってるコンデジよりは遙かに見やすいです(・∀・)イイ!!

ご託はこのくらいにして、さっそくライブビュー時の液晶を・・
DSCN1329.jpgDSCN1330.jpg
もちろんこれらの画像はあたりまえですがコンデジで撮影したものです・・

とにかく背面にボタンが多いです(便利な反面押し間違えることもしばしば(^^ゞ)
ライブビューと通常撮影の切り替えは背面の右から2列目上から二つめの液晶マークのライブビューボタンで行います、コレを押すとガシャッとミラーアップして背面液晶に今レンズが映し出してる画像を表示します。
さて、ここから撮影するのに少し癖があります、真ん中がフォーカスポイントなんですが、このままシャッター押し込むとミラーダウンしてフォーカス合焦して再びミラーアップでシャッターが切れます、少しの間があります・・
そこで背面緑のAEL/AFLボタンを事前に押してフォーカスロック、構図を決めてシャッターを切ると少しマシになります・・のような気がする・・

そう言うわけで普段撮りにはコンデジのようには使えないのですが(とにかく撮影のリズムが悪くなるので)重宝する時もあります、それはこのように拡大できること
DSCN1331.jpg
緑の枠を拡大したい場所に移動してOKボタンで7倍と10倍に切り替えられます、そしてマニュアルフォーカスでピント合わせ(S-AF+MFモードにしているとフォーカスリング回せば自動にマニュアルフォーカスになります)をすればかなりピントを追い込めます、もちろん液晶にホワイトバランスや露出も反映されますので色や明るさも確認できます。
DSCN1333.jpg
DSCN1332.jpg
あとヒストグラムやアシストガイドなども表示できます、この辺はファインダでは不可能な機能ですよね、そう言うわけでマクロ撮りやシビアなピント狙うときには便利です。またファインダではムリなローアングルやハイアングルも可能です(ただし、ファインダ撮りよりは手ぶれしやすいので注意が必要ですが・・)手ぶれ補正機能も搭載なのでぶれにくいですが。
DSCN1335.jpg
まあこのように三脚で花などのマクロ撮影には最適な機能ですね、動体には使えません(コンティニアスAFは不可)サッと一瞬をとらえるのも難しいかと・・

それではライブビューで撮影したE-510の画像をどうぞ
P8080223.jpgP8080224.jpg
P8100233.jpg
ライブビューったって撮った画像はファインダ撮影と一緒ですが(^^ゞ

あと同じオリンパスのE-330のようにできれば液晶がバリアングル(上下に動くやつ)なら、なお良かったのですが(このカメラの液晶は視野角170°なので結構上や下からでも見えますが・・)
それにライブビュー専用CCD搭載でAモードもあればいいのですが、そうすると大きく重くなりますし、割り切って使えば重宝する機能だと思います、なんせ他社のデジイチにはほとんど付いてない機能ですから・・

何かサンプル写真がしょぼい、いろいろ撮ったのですが、どれがライブビュー撮影か後でわからなくなったもので(^^ゞ ( TДT)ゴメンヨー

次回のレビューは手ぶれ補正とダストリダクションシステムですか、まあ盛りだくさんだこと・・




キャンペーンバナー

オリンパス デジタル一眼レフカメラ 「E-510」
[ 2007/08/20 15:00 ] B-Promotion | TB(1) | CM(6)