上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カリカリレンズを銀塩で

今回はフィルムカメラMZ-3(うーんペンタ君零号機とでもしとこうかな)に先日試し撮りしたリコーのリケノン50mmを装着して撮ってみました。
MZ2009072217MZ2009072214
こちらはカメラ屋さんでCDに焼いてもらったものです、やっぱりフィルムは現像ラボによって仕上がりが変わってきます、ここのは少しハイキー気味です(現像依頼時に好みを言えばいいのですが・・)、
ま、これもありかな。
ネガをデジタル化するときはスキャナーで読み込みます、この時の解像度によって画質はどうとでもなります、
で、解像度を上げると、とんでもないファイル容量にもなったりしますので、まあそれなりの画質で取り込んでいるわけです。 
このレンズは銀塩での使い勝手はいいです、ファインダーが見やすいのでMFはしやすいし、絞り優先でもあまり露出が暴れないようです(ネガ現像なので実際はよく分かりませんが許容範囲内なのでしょう)、でもせっかくのAF一眼なのにまたMFで撮ってるし(^^ゞ

最後にネガから自宅のスキャナーでデジタル化した一枚です、意図的にハイキーにしました、いわゆるダカフェ風ですか(・o・)
File0066
MZ-3+XR RIKENON 50mm(F2)にて
フィルムでもいろいろ楽しめる時代になりました、でも現像がめんどいぞ(=^_^;=)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamjp.blog87.fc2.com/tb.php/1071-9b9907dc