上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デジイチのお話 その2

前回の続きです、エントリーデジタル一眼レフ、続いては

ORYMPUS E-410
つい最近発売されたモデルです、このカメラ他社と違ってCCDやレンズが4/3(フォーサーズ)システムと言う統一規格になってまして、他社のAPS-Cサイズより少し小さいんです、この企画に参加しているのは、オリンパスの他にはパナソニックがあります、あとレンズはシグマからも発売されてます、企画が同じであれば互いのレンズが使えます、このカメラの特徴はとにかく小さい、軽いってことでしょうか、実際触ってみましたが大きめのコンデジサイズです、でもそれ故ホールドがしにくい、女性なら助かるのかな、それにライブビューというコンデジでは当たり前の背面液晶を見ながらの撮影の出来ます(使い勝手はもう一つのようですが)、あと問題はレンズはまだまだ少ないってことでしょうか、焦点距離も35mm換算で2倍程度になりますので広角側が・・ファインダーも小さいですし・・
ただオリンパスのダストリダクションシステムは強力ですので、CCDのゴミはあまり気にしなくて良いようです。画質は俗に言うオリンパスブルー(鮮やかな青)ではなく、もう少しアッサリしているようです。
夏には手ぶれ補正付きE-510も発売されるようですし、これからレンズが増えればコンデジからのステップアップには良いんではないでしょうか。
しかし、xDピクチャーカード対応って(さすがにデジイチではCFカードも使えます)・・頑張りますねすねオリンパスさんは・・

SONY α100
ミノルタ時代の資産を継承した形で発売された、ソニー製の初のデジイチ、レンズはミノルタ時代も含めαマウントが使用可能、ダストリダクション・本体内手ぶれ補正付きでなかなか多機能です、タダ少し大きいのとデザインが無骨な感じがします、エントリー機と言うより中級機に近いかもしれません、何か中途半端なんですね、AFも遅いし、オートホワイトバランスもあまり賢くないようです、ミノルタファンの方以外にコレと言った強みが・・ただしレンズにはカールツァイスレンズや名レンズと言われる50mmマクロがあるので・・
もうすぐハイアマチュア用とプロ用が発表になるでしょうから、それに期待ですかね。
もちろんCCDは自社製です

以上、エントリー機としては前回も含めて現在5機種ですか・・
ニコンD40とペンタックスK100Dは画素数600万画素、それ以外は1000万画素ですが、私、個人的にはあまり気にしません、もちろん1000万画素の方が高精細ですがそんなにデカくしてみないでしょ・・むしろ600万画素の方がCCDサイズが同じなら高感度撮影では有利な気がするのですが(それは技術の向上で綺麗になりますが)
むしろそれより触ってみて、ファインダーを覗いて、使い心地やホールド感、レンズの豊富さなどでチョイスした方が良いかとは思います。

私、個人的にはこのクラスよりもう中級機に興味が行っておりますが(・.・;

[ 2007/05/10 23:39 ] デジカメ・写真  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamjp.blog87.fc2.com/tb.php/474-83d64aae