上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なにわ橋紀行 番外編

今回はいつもと違って橋の紹介と言うより、水門と渡船の紹介ですな、従って番外編で・・ チャリで出かけたのは尻無川です。

自宅からすぐなので、気楽に自転車でお出かけです。
まず尻無川は木津川から分岐します、分岐地点は「岩松橋」のあたりです。
京セラ大阪ドームのすぐ横ですね。
IMGP2620.jpg
正確にはここは「岩崎運河」と言いまして、大正9年に開削されたものです。
ここから西に進むと「岩崎橋」があります。
IMGP2590.jpg
向うにあるのは大阪環状線の橋梁です。
岩崎橋は市内で初めての「鉄筋コンクリート橋」としてお目見えし、このあと道頓堀の戎橋が続きました
川沿いに進むと大きな水門が見えます「尻無川水門」です。
IMGP2594.jpg
これが90°傾斜することで防波堤になって台風時や地震時の津波を防いでくれます。
安治川と木津川にも同じような水門があります。
コレがなければ津波が来れば我が家も水没するでしょうヽ(゚_゚>)

その少し先に「甚兵衛渡船場」があります
IMGP2596.jpgIMGP2599.jpg
自転車ももちろん無料で乗船できるので待っていると、
地元のオジサンが(オラも地元の人間ですが・・)「そのカメラ拡大しても撮れるのか」って
聞かれたので「ええ、ズームできますよ」
「スゲえなあ・・」
なんて話していると船がやってきたので乗船・・
ほんと知らない人とのふれあいも大事です(・.・;

IMGP2600.jpg
この時間は地元の高校生達の足になっているようです
IMGP2598.jpg
河口側には遠くに「千歳橋」が見えます。

IMGP2603.jpgIMGP2605.jpg
揺れる船内から撮りました・・
あっという間に対岸に・・
IMGP2606.jpgIMGP2608.jpg
こちら側は大正区になります、で水門の入口はこちら側です
IMGP2609.jpg

しかしこの川沿いはなんか一昔前にタイムスリップしたような情緒があります
IMGP2592.jpg

IMGP2613.jpg
向こう岸に並ぶのは昔からの瓦補修・屋根修理の業者さん達です・・
大阪ドームだけが現代風ですが・・
IMGP2614.jpg

今回は番外編でしたので、次回は本編に戻ります たぶん(・_・)......ン?


尻無川の水門

すごいですね。
ある意味ガンダムの格納庫ような感じです。
[ 2007/07/01 02:11 ] [ 編集 ]

Re 大臣。さま

まだ閉まったところは見たこと無いんですが、たまに点検がてら閉めているようです・・
[ 2007/07/02 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamjp.blog87.fc2.com/tb.php/513-eb56797b


Blogmusik

 かなりグレーなサイトだとは言うものの、BGMで最新アルバムが聞けるのは嬉しい。  ○ Blogmusik
[2007/07/02 17:23] URL 番頭はんの独り言