上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

B-Promotion オリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」 NO2

BLOG、久々の更新です( TДT)ゴメンヨー
別に倒れてたわけでも旅行に行ってたわけでもなく、暑いので外出せずにマッタリとお盆を過ごしておりました・・

さて、今回は「B-Promtion」のレビューオリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」第2回目です。
今回のテーマはこのカメラの大きな特徴でもある「ライブビュー」機能です。

通常コンパクトデジカメ(以下コンデジ)では背面液晶を見て、構図ピント合わせでシャッター切るのが当たり前です(゚_゚)(。_。)ウンウン
でもデジタル一眼レフ(以下デジイチ)の場合はカメラの構造上コレが難しいのです(詳細は省略(^^ゞ)、ですから通常は光学ファインダを覗いてシャッター切ります。

で、このファインダなんですが銀塩カメラに比べてデジイチの場合撮影素子の大きさが小さくなるほどファインダも小さくなります、このカメラは撮影素子サイズが前回説明したフォーサーズ規格で他社APSサイズのデジイチより小さいので、ファインダも小さいです(比べないと気にならない人は気になりませんが)、ちなみにファインダは視野率95%・倍率0.95倍です、視野率とはファインダで見える範囲が写る範囲に対してどのくらいか、倍率は実際に対してどのくらいの大きさで見えるかです、100%ってのがBESTなんでしょうが、高級デジイチのファインダでない限り今はまだ・・

でもこの程度の視野率・倍率なら問題ないでしょう。覗いた感じ小さいとは思いましたが明るさ視認度は上出来だと思います。 話が逸れてお勉強の時間になりましたが・・

そこでファインダの小ささを補うためにも大きな背面液晶を使おうと言うことでしょうか、こちらなら視野率100%で液晶で見える範囲が写る範囲です。(コンデジでは当たり前なんですが・・)
このカメラの液晶は2.5インチ23万画素ハイパークリスタル液晶で綺麗に映ります、さすがにピーカン時はツライですが、私の持ってるコンデジよりは遙かに見やすいです(・∀・)イイ!!

ご託はこのくらいにして、さっそくライブビュー時の液晶を・・
DSCN1329.jpgDSCN1330.jpg
もちろんこれらの画像はあたりまえですがコンデジで撮影したものです・・

とにかく背面にボタンが多いです(便利な反面押し間違えることもしばしば(^^ゞ)
ライブビューと通常撮影の切り替えは背面の右から2列目上から二つめの液晶マークのライブビューボタンで行います、コレを押すとガシャッとミラーアップして背面液晶に今レンズが映し出してる画像を表示します。
さて、ここから撮影するのに少し癖があります、真ん中がフォーカスポイントなんですが、このままシャッター押し込むとミラーダウンしてフォーカス合焦して再びミラーアップでシャッターが切れます、少しの間があります・・
そこで背面緑のAEL/AFLボタンを事前に押してフォーカスロック、構図を決めてシャッターを切ると少しマシになります・・のような気がする・・

そう言うわけで普段撮りにはコンデジのようには使えないのですが(とにかく撮影のリズムが悪くなるので)重宝する時もあります、それはこのように拡大できること
DSCN1331.jpg
緑の枠を拡大したい場所に移動してOKボタンで7倍と10倍に切り替えられます、そしてマニュアルフォーカスでピント合わせ(S-AF+MFモードにしているとフォーカスリング回せば自動にマニュアルフォーカスになります)をすればかなりピントを追い込めます、もちろん液晶にホワイトバランスや露出も反映されますので色や明るさも確認できます。
DSCN1333.jpg
DSCN1332.jpg
あとヒストグラムやアシストガイドなども表示できます、この辺はファインダでは不可能な機能ですよね、そう言うわけでマクロ撮りやシビアなピント狙うときには便利です。またファインダではムリなローアングルやハイアングルも可能です(ただし、ファインダ撮りよりは手ぶれしやすいので注意が必要ですが・・)手ぶれ補正機能も搭載なのでぶれにくいですが。
DSCN1335.jpg
まあこのように三脚で花などのマクロ撮影には最適な機能ですね、動体には使えません(コンティニアスAFは不可)サッと一瞬をとらえるのも難しいかと・・

それではライブビューで撮影したE-510の画像をどうぞ
P8080223.jpgP8080224.jpg
P8100233.jpg
ライブビューったって撮った画像はファインダ撮影と一緒ですが(^^ゞ

あと同じオリンパスのE-330のようにできれば液晶がバリアングル(上下に動くやつ)なら、なお良かったのですが(このカメラの液晶は視野角170°なので結構上や下からでも見えますが・・)
それにライブビュー専用CCD搭載でAモードもあればいいのですが、そうすると大きく重くなりますし、割り切って使えば重宝する機能だと思います、なんせ他社のデジイチにはほとんど付いてない機能ですから・・

何かサンプル写真がしょぼい、いろいろ撮ったのですが、どれがライブビュー撮影か後でわからなくなったもので(^^ゞ ( TДT)ゴメンヨー

次回のレビューは手ぶれ補正とダストリダクションシステムですか、まあ盛りだくさんだこと・・




キャンペーンバナー

オリンパス デジタル一眼レフカメラ 「E-510」
[ 2007/08/20 15:00 ] B-Promotion | TB(1) | CM(6)

さすがtamさま

かるく使いこなしてますね。
素人にもわかりやすい解説、ありがとうございます。

しかしイチデジは難しい~(^_^;)
[ 2007/08/20 19:25 ] [ 編集 ]

なるほど、、、

OKボタン、押して7倍にしてから、
合わせるんですか。。。。

始めて知りました、、、(^_^;)

勉強になります^^
[ 2007/08/20 22:47 ] [ 編集 ]

Endless Waltz

のWingゼロかっこいい~♪
あっ、カメラのレビューでしたね。(^^ゞ

本当にボタンが多いですね。
素人には難しいかなぁ~。
[ 2007/08/21 15:17 ] [ 編集 ]

Re 大臣。さま

いや軽くとは行きませんが(^^ゞ
[ 2007/08/21 23:40 ] [ 編集 ]

Re 院長先生

一度試してみて下さい、ただしマニュアルフォーカスでピント合わせして下さいね
[ 2007/08/21 23:41 ] [ 編集 ]

Re 今川さま

毎度ガンダムで<(_ _)>
操作は慣れですから・・
[ 2007/08/21 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamjp.blog87.fc2.com/tb.php/545-4f9000fc


オリンパス デジタル一眼レフカメラ「E-510」/レビュー(2)・B-Promotion

 まいど!堺の番頭です。  今回の記事は、B-Promotionのレビュー記事...
[2007/08/26 15:39] URL 新・堺ではたらく番頭!はんのブログ