上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファーストインプレッション

新しいデジイチPENTAX K10Dですが、通称はペンタ君弐号機(エヴァじゃん・・)とでもしましょうか(^^ゞ
画像の方はこれからどんどんアップしますが、まずは触った感じから・・
DSCN1416.jpgDSCN1415.jpg
初号機*istDSと並べてみました、一回り大きいです、でもビックリしたのが案外重さの差は感じないんです、と言いますのも初号機は単三電池四本で駆動しますので、専用電池の弐号機と電池込みだと体感上そう変わりません、これなら今まで通りカバンに入れて持てそうです。(もちろんOLYMPUS E-510と比べたら重くてデカいですよ、そりゃ・・)
DSCN1417.jpg
背面はこんな感じです、液晶は2.5型 約21万画素、低温ポリシリコン液晶ですが可もなく不可も無しですか、視野角は140°でまあ普通です、今や170°以上が当たり前ですからね・・
DSCN1418.jpg
上面です、わかりづらいですが左肩のモードダイアルにいわゆるピクチャー(シーン)モードなる絵の書いたボタンがありません、そう、初心者向けではないですよね、フルオートは緑のグリーンモードで撮影します、このカメラが欲しかった理由にハイパープログラム・ハイパーマニュアルなる機能が付いていること(文章にするとややこしいので、その内機会があれば説明します(^^ゞ)
DSCN1423.jpg
そして、右肩にサブ液晶があること(個人的なこだわりですかね)、しかも初号機と違ってグリーンに光ります(!o!)オオ! ここであらゆる設定が確認できます(・∀・)イイ!!
DSCN1421.jpgDSCN1419.jpg
そしてボディが防塵・防滴仕様で造りがシッカリしていること、RAWボタンの独立で好きな時にRAW撮りまたはRAWとJPEGの2枚撮りが選べること、とくに防塵防滴を謳うだけあって、SDカードスロットのボタンや電池蓋のボタンもつまみ付きです(面倒だけどなんかスゲえ(・∀・)チゴイネ!)
発売されて1年経過ですが、去年の世界3大カメラ賞を受賞した、ペンタックス入魂のデジイチでしょう。
さすがにスペック的には最新のデジイチには及びませんが、手ぶれ補正やゴミ取り機能、1000万画素・11点AFと私には必要十分なスペックです。
それに露出関係が凄いです、P(プログラム)・Av(絞り優先)・Tv(シャッター優先)はもちろんのことグリーン(フルオート)・Sv(感度優先)・TAv(シャッター&絞り優先)・M(ハイパーマニュアル)・B(バルブ)・X(ストロボシンクロ)と多種多様・・使いこなせるかしら(´ヘ`;)ハァ

なにはともあれ、早速液晶保護シート着用・8GのSDHCカードを充填していざ撮影に・・
IMGP0056.jpg
IMGP0117.jpg
RAW撮り現像ですが、色味はいじってません、まさに素材重視のアッサリな画質です、解像感はさすがに(・∀・)チゴイネ! レンズが新品のΣ17-70mmてこともありますが(元々このレンズはパリッとした画質ですから)
これなら大満足です、オートホワイトバランスは少しおバカですが・・・
また写真を撮るのが楽しくなりそうです((o(´∀`)o))ワクワク



[ 2007/09/24 01:00 ] デジカメ・写真  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamjp.blog87.fc2.com/tb.php/562-da357ff0