上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

写真って面白い

PENTAX K10Dを入手してから、300枚以上撮影しましたのですが、このカメラ面白いです、画質がどうとか解像感がどうとかは別にして(ソコが大事やろふつう・・)撮っていて楽しいんです、ハイパープログラムモードとハイパーマニュアルがもう病みつきです・・
 普通デジイチにはプログラム露出と言ってPモードがありますが、ダイアルをこの位置にしていると被写体の明るさが変化しても、常に適正露出になるように、カメラが絞りとシャッタースピードの組み合わせを自動的に決めます、ダイアルを回すとプログラムシフトと言ってその露出で得られる明るさはそのままに、絞りとシャッター速度の組み合わせが変えられる機能が付いているのが普通です、コレはコレで便利ですが、意図した通りになってくれません、ペンタ君はPモードから前ダイアルでシャッター速度、後ダイアルで絞り値を変更できます、つまりPモードからシャッター速度優先、絞り優先モードに一瞬で移行できるわけです、コレがハイパープログラムです。
マニュアル露出でも通常の使い方の他にグリーンボタン一つでその時の適正露出をセットしてくれたり、しかもその状態から絞り優先・シャッター速度優先にも出来る(ハイパーマニュアル)まあとにかく露出機能は至れり尽くせりです・・
もう最近は中央重点あるいはスポット測光でハイパーマニュアルで好きなように明るさ変えて撮ってます。
もちろんコレでも思った絵が撮れてるとは限りませんが、RAW撮り現像なのであとで多少の修正は効きます・・
難しい話ばかりじゃ面白くないので、このカメラの変わった機能を一つ、多重露出機能です。
IMGP0339.jpgIMGP0342.jpg
なんじゃいこりゃって要するに複数枚の画像をカメラ内で1枚にしちゃおうよってものです、もちろん設定すれば2枚の明るさも合わしてくれますよ、遊べます・・ヽ(^0^)ノ
銀塩カメラにも高級機には付いてましたね(フィルムをレリーズせずに焼き付ける機能)

でもってカメラだけでなく現像ソフトでも遊んでまして、最近はLightRoomで現像してるんですが、これだけでも充分弄れますが、カラーを弄りだすと収拾付かないことが多々あります、でもプリセットは少ないし・・
そこでフリーのプラグインソフトPhotoPresets with One-Click WOW!
の登場です、コレをLightRoomに登録すると凄まじい数のプリセットが組み込まれます、色味、ビネット、彩度、モノクロ、空の色、肌の色・・(英語ですので試していればわかります)
かなーり遊べます、LightRoomで現像されている方はお試しアレ
IMGP0330.jpg
ポジフィルム調です

IMGP0334.jpg
色を緑のみ強調、あとはモノクロで・・
IMGP0338.jpg
セピア調・・コレはどのソフトでも出来ますが(^^ゞ

いやー写真って楽しいですね・・(・_・?)


ハイパーマニュアル

フィルムカメラのZ-1から搭載されたこの機能、使い慣れたらヤミツキ!
はっきり言って、こんな機能すら無い一眼は使えん!それぐらい便利な機能ですな。
ハイパープログラムも、鳥撮りなんかに便利に使えそうですな。

ペンタ弐号機になってから、明らかに写真の質が違ってきてますね。
カメラのおかげ?それともレタッチの腕上げた?
[ 2007/10/03 01:12 ] [ 編集 ]

Re Igaさん

ハイパー系手放せません(・∀・)イイ!!
写真は最近マニュアルで光を意識して撮るようにしてます、2号機のアッサリ目の色彩も良い感じです。
レタッチで色はあまりいじりませんから・・
まだまだ勉強しないと・・
[ 2007/10/03 16:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamjp.blog87.fc2.com/tb.php/571-fcdbaf8b