上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なにわのレトロ館NO6(堺市編)

レトロ館シリーズも大阪市内が終わり、大和川を渡って堺市に出張。

まずは堺病院近所の「藤木商店」旧丹治煉瓦製造所倉庫です、明治末期から大正初期の建築でまさに煉瓦造りです。

こちらはお隣さんの「永楽邸」旧丹治商会です、1900年建築で丹治商会は大阪府下で最古の民営煉瓦製造所らしいです。

これは旧堺湊郵便局、1933年建築です、ポストだけはきっちり今でも立ってます、木造の民家のような郵便局、紀州街道沿いにあります。

堺ではおなじみの「旧堺燈台」、1877年築、設計はビルグストーン、洋風な燈台です。この日もたくさんの方が周りでスケッチされてました。

南海本線を少し南へ行くと、「浜寺公園駅」があります、ここの駅舎はレトロです、1907年建築、設計は辰野片岡建築事務所、施工は大林組、近くの浜寺公園の松林に似合いそうな駅舎です。
こちらは浜寺公園駅の近くの個人の住宅です、「近江岸家住宅」1935年建築です、ヴォーリズ設計のスパニッシュ風住宅です、国登録有形文化財、このあたり閑静な住宅街で、立派なお家が多いです。
こちらは中百舌鳥にある「旧是枝近有邸」お医者さんです、1931年建築、まるでヨーロッパのお城のようです。

堺東駅の東にある「旧天王貯水池」1910年から1962年まで使用されていました、凱旋門をイメージしたそうです。
他にもあるのですが、この辺で・・
次回の最終回、岸和田編でアルバムと地図は一緒に載せる予定です。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamjp.blog87.fc2.com/tb.php/604-9a353bf2